家賃支援給付金 受付開始が7月に!?

著者:黒瀬税理士事務所
投稿日:2020年06月22日

先週末は営業自粛が解除され宇治市も観光客が増えて、他府県ナンバーの車が目立つようになり、活気を取り戻しつつあります。コロナの新たな感染は注意しないといけないですが、このまま、平常時に戻ってほしいですね。

そのような中、最近、気になる報道がありました。以前にご案内しました「家賃支援給付金」の受付開始が7月にずれ込む見通しという事です。

家賃支援給付金とは、新型コロナウイルスの影響で、今年の5月~12月の間に、前年同月比が50%以上減少したか、連続する3ヶ月で30%以上減少した事業者に、賃料の一部の半年分、最大600万円支給される給付金です。詳細は黒瀬税理士事務所HP6/1の記事を参照してください。

気になる点の2つ目は、申請は原則オンライン申請になる様です。持続化給付金の申請された方だと要領はわかられると思うのですが、申告書などの添付書類をPDFや画像などで添付して申請する形式になるのではないでしょうか。持続化給付金にはなかった添付書類として考えられるのが、家賃支援給付金ですので、「賃貸契約書控」や「直近の家賃領収書や振込明細など」が必要になると考えられます。

持続化給付金は現在では、早い方で5日程度で支給されるのに対し、家賃支援給付金の審査には2週間程度かかる見通しで、少し長くなると見込まれる様です。

メール相談はこちら(24時間受付)
確定申告京都.com
経理代行サービス
取扱業務
  • 税務顧問サービス
  • 起業・独立開業支援
  • 経営計画支援
  • 会計ソフト導入支援
  • 融資対策
  • 税理士変更
  • リスクマネジメント
  • 給与計算代行
  • 年末調整・法定調書
  • 相続税・贈与税・譲渡所得
  • 各種許認可申請サービス
Q-TAX CM

税理士の全国チェーンQ-TAX TVCM