キャッシュレス・ポイント還元事業が10/1から始まります!

著者:黒瀬税理士事務所
投稿日:2019年07月16日

LINEPAY、PayPay、ウォレットカードなど決済手段が多岐にわたってきました。消費者側では、レジ精算時に「ピッ」っとかざすだけで決済できるのは本当に便利です。それに、財布が小銭だらけにならないところもいいですね。今回は、消費税率引上げと同時に行われる「キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント事業)」の中小・小規模事業者の対応等について簡単に説明させて頂きます。

ポイント還元事業とは

令和1年10月1日以降に対象となる中小・小規模事業者の店舗等において、キャッシュレスで決済した消費者に購入額の5%(フランチャイズ等の場合は2%)をポイント還元する制度です。
*中小企業等にポイント発行に係る負担はありません。

中小・小規模事業者の定義

ポイント還元事業の対象となる中小・小規模事業者は、原則として下記の中小企業基本法上の中小企業等です。
*中小・小規模事業者の定義に該当する場合であっても、課税所得が15憶円を超える場合には対象外となります。

実施期間

令和1年10月1日~令和2年6月30日

ポイント還元事業加盟店の登録ステップ

ポイント還元事業の加盟店となる場合には登録が必要となります。ポイント還元事業の加盟店の登録ステップは以下のとおりです。

主なキャッシュレス決済事業者等

■クレジットカード
JCB、アメリカンエキスプレス、三井住友カード、楽天カード、三菱UFJニコス、UC、イオンクレジットサービス、オリコ、ライフカード、ジャックスなど

■電子マネー
nanaco、Suica、楽天Edy、WAON、iD、QUICPayなど

■QRコード決済
PayPay、楽天ペイ、LINEPayなど

 

ポイント還元事業のみでなく、今後ますますキャッシュレスが進んでいくと考えられますので、これを機会に今なら決済端末導入の負担がないので、キャッシュレス決済の導入を検討されてみてはいかがでしょうか。
キャッシュレス・消費者還元事業の概要や登録、決済事業の一覧などは下記のURLをクリックして確認できます。
経済産業省HP:キャッシュレス・消費者還元事業

カテゴリ:お知らせ, 経営

タグ:

メール相談はこちら(24時間受付)
確定申告京都.com
経理代行サービス
取扱業務
  • 税務顧問サービス
  • 起業・独立開業支援
  • 経営計画支援
  • 会計ソフト導入支援
  • 融資対策
  • 税理士変更
  • リスクマネジメント
  • 給与計算代行
  • 年末調整・法定調書
  • 相続税・贈与税・譲渡所得
  • 各種許認可申請サービス
Q-TAX CM

税理士の全国チェーンQ-TAX TVCM