新事業等を応援する補助金「京都エコノミック・ガーデニング支援強化事業」

著者:黒瀬税理士事務所
投稿日:2018年05月21日

前回のIT導入補助金に引き続き補助金情報のご案内です。京都府下に拠点を有する中小企業者が対象となる補助金で、中小企業等の持つ自社独自の「強み」を活かした新商品開発や新分野進出実現のための事業化の取組みを応援する、京都企業の創生を目的とした「京都エコノミック・ガーデニング支援強化事業」の補助金申請の募集が平成30年4月27日より開始されています。支援コースは以下のとおりです。

支援コース

①事業創生コース
新規事業の見極め及びブラッシュアップのためのテストマーケティング等、事業計画段階で必要となる取組(勉強会・研究会、セミナ-、ワークショップ、市場調査その他の調査、要素技術の可能性検証、技術研修など)
補助金総額:100万円以内 採択予定件数:20件程度

②事業化促進コース
試作品・サービス等の開発、テスト販売等による本格的な市場調査・販路開拓等
※本コース資金支援規模の範囲内で、製品・サービス提供まで可能な小規模開発・事業展開案件も歓迎。
補助金総額:1,000万円以内 採択予定件数:10件程度

③本格的事業展開コース
実用化に向けた応用研究・生産技術開発、量産設備投資(生産体制の構築、販売・サービス提供の拠点整備等)、それらと連動した販路開拓等(広報、需要開拓等)
※開発の実績・取組の蓄積等が十分にあることが前提です。
補助金総額:3,000万円以内 採択予定件数:10件程度

■ 補助率
提案事業の実施に必要な補助対象経費の1/2以内
ただし、土地造成及び建物建設費(付帯工事も含む)は15%以内
(上記③の本格的事業展開コースについては、量産段階で調達し量産が主用途の設備についても、15%以内)

応募期間及び応募先

応募期間:平成30年4月27日(金)~平成30年7月10日(火)17時

応募先:益財団法人京都産業21 〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134
▶応募要領・提案書様式はこちら

新事業や試作品・サービス等の開発等をじっくりと検討していく機会として活用できる補助金です。採択予定件数を考えると、採択は狭き門になるかもしれませんが、特に事業創生コースは、採択予定件数20件のうち開業後5年以内が10件程度予定されておりチャンスですので、お時間が取れる小規模事業・中小企業の方は、是非、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

カテゴリ:助成金, 補助金

メール相談はこちら(24時間受付)
確定申告京都.com
取扱業務
  • 税務顧問サービス
  • 起業・独立開業支援
  • 経営計画支援
  • 会計ソフト導入支援
  • 融資対策
  • 税理士変更
  • リスクマネジメント
  • 給与計算代行
  • 年末調整・法定調書
  • 相続税・贈与税・譲渡所得
  • 各種許認可申請サービス
Q-TAX CM

税理士の全国チェーンQ-TAX TVCM