会社の税金が下がってる!?

著者:黒瀬税理士事務所
投稿日:2018年04月23日

平成30年度の税制改正でも、所得税では給与所得控除額・公的年金等控除額、基礎控除額、配偶者控除額・配偶者特別控除額、青色申告控除額などの見直しがあり、所得税は減税より増税の方が目立つような感じに思えます。そのような中、個人事業者がそのまま個人事業者として経営をした方がいいのか?会社を設立した方がいいのか?よく悩まれているところですが、判断材料のひとつとして、今回は現在までの所得税率・法人税率を簡単にまとめてご案内致します。

所得税率の推移

所得税率はこのように平成11年~18年分を境に最高税率が大幅に上がってきています。
*図表中に給与収入とありますが、総合課税ですので個人事業者の事業所得に係る税率も同じです。


*財務省HPより抜粋

法人税率の推移

法人税率はこのように昭和59年を境に法人税率は大幅に下がっています。


*財務省HPより抜粋

 

会社を設立した方がいいのかは、税率格差だけでは判断できませんが、法人税率は年々減少傾向にあります。現在は株式会社も資本金制限がなく、取締役1名でも設立できるようになりました。これを機会にご検討されてみてはいかがでしょうか。

京都・宇治市の黒瀬税理士事務所では、法人成りシミュレーションやご相談を無料で行っていますので、お気軽にご相談ください。
併せてMFクラウドや弥生会計オンラインの導入相談も受付中です。

カテゴリ:所得税, 法人税, 節税

タグ:

メール相談はこちら(24時間受付)
確定申告京都.com
経理代行サービス
取扱業務
  • 税務顧問サービス
  • 起業・独立開業支援
  • 経営計画支援
  • 会計ソフト導入支援
  • 融資対策
  • 税理士変更
  • リスクマネジメント
  • 給与計算代行
  • 年末調整・法定調書
  • 相続税・贈与税・譲渡所得
  • 各種許認可申請サービス
Q-TAX CM

税理士の全国チェーンQ-TAX TVCM