会社決算手続きの概略

著者:黒瀬税理士事務所
投稿日:2018年04月02日

会社の決算月で最も多い3月末が終わったこの時期、決算手続きを開始されることと思います。会社を設立されてから事務作業で困られるのが記帳作業と決算手続きです。今回はその決算手続きの概略について説明させて頂きます。

1.決算整理手続き
各勘定残高の確認、棚卸資産・減価償却費・貸倒引当金の計上などを行い決算を行います。

2.勘定科目内訳書の作成
1の決算手続きと並行して勘定科目の内訳書を作成します。

3.法人税、法人事業税・都道府県民税、法人市民税の作成
決算確定後、法人税等の申告書を作成します。

*消費税の課税事業者である場合は、消費税の確定申告書の作成も行います。

4.法人事業概況書の作成
確定した決算書をもとに事業概況書の作成を行います。

5.提出
原則は決算期末の翌日より2ヶ月以内に税務署等へ確定申告書等を提出します。
紙ベースでの提出も可能ですが、現在はe-taxにより電子申告をするのが主流になってきました。

 

決算手続きの概要はこのような手順を踏んで行っていきます。1年分の総決算ですので早いめに行うことをおすすめします。事業に専念したい、事務員がいないのでどうすればいいのかわからない場合などは、税理士へアウトソーシングされることをおすすめします。

カテゴリ:法人税, 消費税, 確定申告

タグ:

メール相談はこちら(24時間受付)
確定申告京都.com
取扱業務
  • 税務顧問サービス
  • 起業・独立開業支援
  • 経営計画支援
  • 会計ソフト導入支援
  • 融資対策
  • 税理士変更
  • リスクマネジメント
  • 給与計算代行
  • 年末調整・法定調書
  • 相続税・贈与税・譲渡所得
  • 各種許認可申請サービス
Q-TAX CM

税理士の全国チェーンQ-TAX TVCM