クラウド会計でお困りでないですか!?

著者:黒瀬税理士事務所
投稿日:2018年01月22日

前年を振り返りますとクラウド会計を利用して経理業務をされている方が増えてきたように感じます。実際、金融機関やクレジットカードのデータが自動取得できたり、領収書やレシートの入力が簿記の知識がなかっても簡単に入力できたりしますので、経理業務にかかる時間が削減できて簡単に会計処理できることがクラウド会計の普及につながっていると思います。しかし、簡単にできる反面、このデータ合っているのか?などのご不安はございませんでしょうか?下記のようなことでお困りの方はお気軽にお声がけください。

クラウド会計のお悩み

■ このデータ本当に合っているの?
■ 金融機関等との同期処理は行ったが、この勘定科目で本当にいいの?
■ 同期処理、レシート入力は行ったけどこのままの数字が決算書になるの?
■ データの合わせ方がわからない!
■ 所得税や消費税の計算がわからない! etc

会計処理が簡単にできる反面、このようなことでお悩みの方も多いです。そして、日々同期処理やレシート入力して集計した数字で完了ではございません。「決算処理」を行わなければなりません。例えば、減価償却費や貸倒引当金、売掛金・買掛金や前払費用・未払費用などの調整処理が必要となります。

京都・宇治市の黒瀬税理士事務所では、確定申告の無料相談を実施しています。クラウド会計をご利用されている方でも、当事務所とデータ連携を行うことによって、データの確認から決算処理、節税対策、所得税・消費税の確定申告の代行をさせて頂くことが可能です。お気軽にご相談ください。

ご対応可能なクラウド会計

■ MFクラウド会計・確定申告
■ freee
■ 弥生会計オンライン、やよいの青色申告オンライン
■ Crew

*上記以外のクラウド会計でも、ご要望により対応が可能な場合もございますのでご相談ください。

メール相談はこちら(24時間受付)
確定申告京都.com
取扱業務
  • 税務顧問サービス
  • 起業・独立開業支援
  • 経営計画支援
  • 会計ソフト導入支援
  • 融資対策
  • 税理士変更
  • リスクマネジメント
  • 給与計算代行
  • 年末調整・法定調書
  • 相続税・贈与税・譲渡所得
  • 各種許認可申請サービス
Q-TAX CM

税理士の全国チェーンQ-TAX TVCM