弥生会計13 『注記表』

著者:黒瀬税理士事務所
投稿日:2013年07月17日

決算書類の最後のページで見掛ける『注記表』ですが、補助金を申請する時など添付する計算書類等は『中小会計要領又は中小指針に拠った信頼性のある計算書類等の作成及び活用に努めること』という案内がございます。最近では、ものづくり補助金もそうです。申請書の中で、中小会計要領の適用の有無を記入するところがあり、添付書類は「貸借対照表」「損益計算書」「個別注記表」となっていましたので、重要視されているのが伺えます。

中小会計要領又は中小指針の内容は中小企業庁のホームページでパンフレットを公開していますのでご確認下さい。

「中小会計要領の手引き」pdf

弥生会計13の決算書設定でチェックを入れますと、注記表に、この計算書類は、「中小企業の会計に関する基本要領」によって作成しています。という注記が自動で入るようになりました。

2013y07m13d_141437780

決算・申告(K)→決算書設定(H)→決算書設定(S)

上記の手順で、最後の決算書設定(S)をクリックすると下記の様な画面が表示されます。
2013y07m13d_141736693

注記表のタグをクリック→中小企業の会計に関する基本要領に対応済み(A)にチェックを入れる。

2013y07m13d_142019470

決算書設定でチェックを入れておくと、注記表には自動的に、この計算書類は、「中小企業の会計に関する基本要領」によって作成しています。という注記が入ります。当然、中小企業の会計に関する基本要領に沿って計算書類等を作成する必要がありますが、注記表に当該注記のチェックを入れるのをお忘れなく。

メール相談はこちら(24時間受付)
確定申告京都.com
取扱業務
  • 税務顧問サービス
  • 起業・独立開業支援
  • 経営計画支援
  • 会計ソフト導入支援
  • 融資対策
  • 税理士変更
  • リスクマネジメント
  • 給与計算代行
  • 年末調整・法定調書
  • 相続税・贈与税・譲渡所得
  • 各種許認可申請サービス
Q-TAX CM

税理士の全国チェーンQ-TAX TVCM