平成25年度改正 登録免許税

著者:黒瀬税理士事務所
投稿日:2013年06月25日

平成25年度税制改正関連法が国会で成立しましたが、登録免許税においても見直しがありました。
具体的には、不動産登記関係では、「土地の売買による所有権の移転の登記及び土地の所有権の信託の登記に係る登録免許税の軽減措置」(措法72条)の適用期限が2年延長されました。

①土地の売買による所有権の移転の登記を1,000分の15(本則1,000分の20)
②土地の所有権の信託の登記を1,000分の3(本則1,000分の4)
とする特例措置が講じられ、この特例措置の適用期限が2015年3月31日まで2年延長されます。

そして、商業・法人登記関係を含めたところでは、行政サービスのオンライン利用については、費用対効果の観点から、2013年3月31日で適用期限を迎えた「電子情報処理組織による登記の申請の場合の登録免許税の特別控除制度」については、期限の延長が行われず、3月31日をもって廃止されました。

2013年4月1日以降に受ける会社等の設立登記の申請に当たっても特別控除(3,000円)は受けられませんので、あわせてご確認ください。

カテゴリ:マメ知識, 税制改正

タグ:

メール相談はこちら(24時間受付)
確定申告京都.com
取扱業務
  • 税務顧問サービス
  • 起業・独立開業支援
  • 経営計画支援
  • 会計ソフト導入支援
  • 融資対策
  • 税理士変更
  • リスクマネジメント
  • 給与計算代行
  • 年末調整・法定調書
  • 相続税・贈与税・譲渡所得
  • 各種許認可申請サービス
Q-TAX CM

税理士の全国チェーンQ-TAX TVCM