消費税、課税適正化への見直し

著者:黒瀬税理士事務所
投稿日:2013年02月15日

消費税率を2014年4月に8%、2015年10月に10%と2段階で引き上げる消費増税開始まであと1年程となりましたが、この税率が上がる以外にも消費税が見直しされる項目があります。それは、消費税制度の信頼性を確保するための一層の課税の適正化を進めるため、①資本金1,000万円未満の新設法人に係る事業者免税点制度②簡易課税制度におけるみなし仕入れ率③中間申告制度の見直しがされます。

資本金1,000万円未満の新設法人に係る事業者免税点制度

資本金1,000万円未満の新設法人は設立から2年間免税事業となりますが、会計検査院から、2年間免税となっている新設法人の中には、設立当初から相当の売上高がある法人や、1,000万円未満の資本金で法人を設立し、第2期の期中に資本金を1,000万円に増資することで2年間免税となっている法人、設立後2年間免税の適用を受け、設立3期目以降に解散等している法人があるなどの指摘がありました。
そのため、新設法人を利用した租税回避行為を防止する観点と、中小事業者の事務負担への配慮という制度本来の趣旨とのバランスが考慮されました。

この資本金1,000万円未満の新設法人に係る事業者免税点制度は、5億円超の課税売上高を有する事業者が、直接または間接に支配する法人を設立した場合については、その設立した法人の設立当初2年間については、課税事業者とすることとなりました。

[2014年4月1日以後に設立される法人より適用]

簡易課税制度におけるみなし仕入れ率

2008年度分の申告事績をもとに実態調査を行った結果、金融業や不動産業、サービス業など一部業種において、みなし仕入率の水準が実際の仕入率を大幅に上回っている状況にあることが確認されております。このため、さらなる実態調査を行い、その結果も踏まえた上で、みなし仕入率の水準について、必要な見直しを行うとされました。今後の実態調査結果にもよりますが、現行の90%~50%の5区分のみなし仕入率に加え、新たに40%の区分を設けることが想定されます。

中間申告制度の見直し

中間申告制度については、直前の課税期間の確定消費税額が48万円(地方消費税とあわせ60万円)以下の事業者は、中間申告の必要はありませんが、これらの事業者のうち、自主的に中間申告を行う意志がある事業者について、任意に中間申告できる制度が導入されます。

[2014年4月以後に開始する課税期間より適用]

カテゴリ:消費税, 税制改正

タグ:

メール相談はこちら(24時間受付)
確定申告京都.com
取扱業務
  • 税務顧問サービス
  • 起業・独立開業支援
  • 経営計画支援
  • 会計ソフト導入支援
  • 融資対策
  • 税理士変更
  • リスクマネジメント
  • 給与計算代行
  • 年末調整・法定調書
  • 相続税・贈与税・譲渡所得
  • 各種許認可申請サービス
Q-TAX CM

税理士の全国チェーンQ-TAX TVCM