中小企業・小規模事業者設備新陳代謝促進事業費補助金

著者:黒瀬税理士事務所
投稿日:2014年06月23日

kessan

国からの補助金で「中小企業・小規模事業者設備新陳代謝促進事業費補助金」を簡単にご説明致します。
この補助金は、金融機関から借入を行い耐用年数を超過した設備を入れ替える大規模投資(総資産の15%を超える設備投資)を行う場合に、借入額の1%相当額を上限に補助されます。

老朽化設備の更新・増強をお考えの企業はご検討されてみてはいかがでしょうか。
中小企業・小規模事業者設備新陳代謝促進事業費補助金の要件等は下記のとおりです。

要件

以下の要件を満たす場合に補助されます。
①日本国内に本社を有する中小企業・小規模事業者。
②老朽化設備を更新・増強するために同種の新たな設備を取得すること。
③金融機関から設備投資計画に係る設備資金の調達を行うこと。
④当該企業にとって大規模(総設備投資額が総資産の15%超の設備投資)な設備投資であること。
⑤金融機関から事業計画書の策定支援及び融資に係るフォローアップを受けること。
⑥他の補助金を併用しないこと。

補助金

設備資金のうち、金融機関からの借入額の1%以内

応募手続き及び公募期間

補助金の申請は、取引先金融機関を通じて行います。
補助金は金融機関からの借入直後及び1年後の2回受け取ることができます。

公募期間
平成26年3月20日(木)~平成26年9月12日(金)[当日消印有効]

 

老朽化設備の買換えなどで、金融機関から借入をされる場合に、条件を満たせば上記の補助が受けられますので、実質的には金利負担の軽減になります。

カテゴリ:助成金

タグ:

メール相談はこちら(24時間受付)
確定申告京都.com
取扱業務
  • 税務顧問サービス
  • 起業・独立開業支援
  • 経営計画支援
  • 会計ソフト導入支援
  • 融資対策
  • 税理士変更
  • リスクマネジメント
  • 給与計算代行
  • 年末調整・法定調書
  • 相続税・贈与税・譲渡所得
  • 各種許認可申請サービス
Q-TAX CM

税理士の全国チェーンQ-TAX TVCM