交際費のよくある間違い『得意先の接待』

著者:黒瀬税理士事務所
投稿日:2013年04月11日

今回から3回にわたり『交際費のよくある間違い』をQ&Aでお知らせします。
是非、ご参考になさって下さい。

第1回は『得意先の接待』です。

Q:

得意先を接待するための飲食費は、1人当たり5,000円以下の場合、交際費にならないと聞いたことがあります。そこで、先日、取引先をレストランで接待した際、飲食費の合計が4人で28,000円(1人当たり7,000円)になりました。この場合、28,000円から20,000円(1人当たり5,000円×4人)を差引いた8,000円分だけが交際費にならないのですか?

A:

1人当たりの金額が5,000円を1円でも超えると、その全額が交際費になります。したがって今回の場合は28,000円全額が交際費になります。

解説:

『1人当たり5,000円』以下とは、あくまでも飲食費になるか、交際費になるかどうかを判断する際の基準であり、支払額から1人当たり5,000円が控除されるわけではありません。また、消費税の取扱は、自社の消費税の処理方法が税込み方式であれば税込みで計算し、税抜き方式であれば税抜きで計算します。

カテゴリ:法人税, 税制改正

タグ:

メール相談はこちら(24時間受付)
確定申告京都.com
取扱業務
  • 税務顧問サービス
  • 起業・独立開業支援
  • 経営計画支援
  • 会計ソフト導入支援
  • 融資対策
  • 税理士変更
  • リスクマネジメント
  • 給与計算代行
  • 年末調整・法定調書
  • 相続税・贈与税・譲渡所得
  • 各種許認可申請サービス
Q-TAX CM

税理士の全国チェーンQ-TAX TVCM