経営計画の基本体系

著者:黒瀬税理士事務所
投稿日:2013年10月30日

経営計画づくりでどのようなことを決めていくのか、標準的な「経営計画の基本体系」をまとめてみました。

基本事項について決めるべきこと

経営理念の確立
①企業の基本的使命(ミッション)
②社員全員に対する基本的な考え方(バリュー)
③社員全員に対する基本的行動(アクション)

中期経営ビジョンの作成

1.経営計画作成委員会の設置

2.中期経営目標の確立
①ビジョニング
②経営環境の確認
③数字目標の確立

3.経営環境の分析
①自社の強みと弱い
②ビジョンを達成するための課題
③課題を克服するための重要要因
④ビジョン達成のための行動計画

当期経営計画の作成の手順

1.必要な基本資料
①組織図
②社員一覧
③年間カレンダー

2.基本発表
①社長による経営戦略方針の発表
②経営理念(ミッション、ビジョン、バリュー)
③当期経営方針(当期の重点課題など)
④当期数字目標(当期の達成すべき数値など)

3.中期経営目標
①私たちのビジョン(将来の展望など)企業のポジションや社員環境など
②5年後の数字目標
③5年後に向けた売上と人数のグラフ

各部門からの方針と発表についての具体例

1.営業戦略部門からの発表
①売上数字目標
・前期の反省と結果
・当期の数字目標
②横断的課題に対する行動計画
③マーケティング戦略
④プロダクション戦略
⑤各個人のコミットメント

2.各部門長からの発表
①横断的課題に対する行動計画
③マーケティング戦略
④プロダクション戦略
⑤各個人のコミットメント

3.委員会活動などの発表

4.採用・教育に関する方針と行動

5.表彰・報酬などに関する方針と計画

6.年間イベント

7.優秀社員の表彰

経営数値に関する資料

1.売上・利益目標総括表

2.損益計算書の推移と分析(簡易版)

3.月別利益計画表(簡易版)

4.月別部門別売上計画表

5.月別商品別売上計画表

6.売上高年計表

7.商品別売上高年計表

8.固定費年計表

9.人件費年計表

10.月別借入金返済計画表

11.リース料金返済計画表  など

カテゴリ:経営, 経営計画

タグ:

メール相談はこちら(24時間受付)
確定申告京都.com
取扱業務
  • 税務顧問サービス
  • 起業・独立開業支援
  • 経営計画支援
  • 会計ソフト導入支援
  • 融資対策
  • 税理士変更
  • リスクマネジメント
  • 給与計算代行
  • 年末調整・法定調書
  • 相続税・贈与税・譲渡所得
  • 各種許認可申請サービス
Q-TAX CM

税理士の全国チェーンQ-TAX TVCM