女性が活躍するための課題はどこに?

著者:黒瀬税理士事務所
投稿日:2013年05月17日

2013y05m12d_173113870

「管理職の○%を女性に!」「社員の○割を女性に!」といった女性の社会進出を促す声は根強く、実際にさまざまな制度整備が進んでいますが、実際に女性がバリバリ社会で働くために乗り越えなければならない課題は何かを、企業の人事担当者に問いかけたアンケート「コア人材としての女性社員育成に関する調査」が公表されています。

この調査は公益財団法人日本生産性本部が2012年8月から10月にかけて行ったものです。
結果は「女性社員の意識」が78.6%となり最多の票を集めています。

では女性社員のどんな意識に問題があるのかを聞いたところ「昇進や昇格することへの意欲が乏しい」が71.5%、「難しい課題を出すと敬遠されやすい」が60.6%と半数を超え、女性社員の意欲に物足りなさを感じている現実が明らかになりました。

一方、「最近じゃ女性の方が男性よりよっぽど元気!」といった声が多いのも事実です。
アンケートでも先程の「女性社員の意識」に続くのは、「管理職の理解・関心」が56.5%、「育児等家庭的負担への配慮が必要」が56.0%と多くの票を集めており、男性が多く占める管理職側の意識向上や企業のワーク・ライフ・バランスの向上が求めているのが明らかになりました。

カテゴリ:マメ知識

タグ:

メール相談はこちら(24時間受付)
確定申告京都.com
取扱業務
  • 税務顧問サービス
  • 起業・独立開業支援
  • 経営計画支援
  • 会計ソフト導入支援
  • 融資対策
  • 税理士変更
  • リスクマネジメント
  • 給与計算代行
  • 年末調整・法定調書
  • 相続税・贈与税・譲渡所得
  • 各種許認可申請サービス
Q-TAX CM

税理士の全国チェーンQ-TAX TVCM