平成25年「年末調整のご案内」

投稿日:2013年11月08日

10月下旬ぐらいから生命保険料控除証明書が各生命保険会社から送付されてくる時期になってきました。
ハガキで送付されてくる場合が多いので、間違えて処分しないように注意してください。通常、給料所得者は、お勤めの会社で12月に「年末調整」を行います。この年末調整は、簡単に説明しますと、個人別にその年中の給与所得のを集計を行い、各所得控除(社会保険、生命保険、扶養控除など)を給与所得から差し引きして所得税額を計算していきます。毎月、給料で天引きされている所得税が多い場合は、事業者が「年末調整還付金」として還付(税金がもどってくる)します。

今回は、年末調整で必要な代表的な書類をご案内致します。

給与所得者の扶養控除等申告書

会社から配布される給与所得者の扶養控除等申告書に、氏名・住所・生年月日・扶養家族などを記入して会社へ提出します。
注意点は、扶養家族の申告されるときは、扶養家族が収入がある場合は、必ずその年中の収入金額を確認してください。扶養家族がパート、アルバイトをしている場合は、お勤め先で源泉徴収票が入手できれば確実ですが、間にあわない場合は、給与明細などで確認してください。

*給与所得者で扶養家族に入れるのは、収入金額103万円以下です。配偶者が給与所得者の場合、収入金額103万円超~141万円未満のときは、配偶者特別控除が使えます。

H26給与所得者の扶養控除等申告書ダウンロード(PDF)
2013y10m30d_170237517

給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書

会社から配布される給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書に、配偶者の所得金額や生命保険料等の必要事項を記入し、下記の添付書類と一緒に会社へ提出します。

[添付書類]
・生命保険・地震保険・小規模企業共済などの証明書
・国民健康保険の支払いがある場合は、国民健康保険支払証明書又はその年中の支払額を申告書へ記載
・国民年金の支払いがある場合は、国民年金控除証明書

H25給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書(PDF)
2013y10m30d_170054130

住宅借入金等特別控除

住宅借入金等特別控除は、給与所得者の場合、初年度は「確定申告」が必要となります。次年度以降は、税務署から送られてくる給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書に必要事項を記入し、下記の添付書類と一緒に会社へ提出します。

[添付書類]
・給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書
(住宅購入年度の翌年に税務署から送付されています)
・住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書
(毎年銀行等から送付されています)

平成25年中に中途入社された方

前職がある方は、前の会社で「平成25年度給与所得者の源泉徴収票」をもらい、必ず添付してください。
前職分と合わせて所得金額等の計算を行い年末調整をします。

カテゴリ:年末調整, 所得税
タグ:
メール相談はこちら(24時間受付)
確定申告京都.com
取扱業務
  • 税務顧問サービス
  • 起業・独立開業支援
  • 経営計画支援
  • 会計ソフト導入支援
  • 融資対策
  • 税理士変更
  • リスクマネジメント
  • 給与計算代行
  • 年末調整・法定調書
  • 相続税・贈与税・譲渡所得
  • 各種許認可申請サービス
Q-TAX CM

税理士の全国チェーンQ-TAX TVCM