黒瀬税理士事務所TOP収入印紙平成25年度税制改正『印紙税が変わる?』

平成25年度税制改正『印紙税が変わる?』

投稿日:2013年04月08日

平成25年度税制改正のひとつに印紙税率の引き下げがあります。
大きな改正にかすみがちですが、事業者の日々の負担を軽減するという意味では、小さいながらも大変嬉しい改正です。

具体的には次の通りです。

◎金銭等受領書(領収書など)の印紙税非課税記載金額の引き上げ

金銭または有価証券の受領書にかかる印紙税の規定について、記載金額が5万円未満(改正前3万円未満)
のものについては、印紙税が課されないことになります。

適用:平成26年4月1日以降に作成される受取書から適用されます。

◎不動産譲渡契約書等の印紙税率の引き下げ

不動産の譲渡に関する契約書等にかかる印紙税の特例税率について、適用期限が平成30年3月31日迄5年延長され、税率が引き下げられます。

2013y04m06d_181637869

適用:平成26年4月1日以降に作成される文書に係る税率が引き下げられます。

カテゴリ:収入印紙, 税制改正
タグ:
メール相談はこちら(24時間受付)
確定申告京都.com
取扱業務
  • 税務顧問サービス
  • 起業・独立開業支援
  • 経営計画支援
  • 会計ソフト導入支援
  • 融資対策
  • 税理士変更
  • リスクマネジメント
  • 給与計算代行
  • 年末調整・法定調書
  • 相続税・贈与税・譲渡所得
  • 各種許認可申請サービス
Q-TAX CM

税理士の全国チェーンQ-TAX TVCM

黒瀬税理士事務所メールマガジン