平成28年度確定申告「ふるさと納税」した場合の記載箇所

投稿日:2017年02月06日

京都・宇治市の黒瀬税理士事務所でも確定申告の作業を先週から開始しています。平成28年度の所得税確定申告書を作成していて感じますのは、今年は特に「ふるさと納税」をされている方が増えてきた感じがします。今回はこの「ふるさと納税」をされている方の確定申告書への記載箇所をBタイプ(事業者などが使用する確定申告)を例に説明していきます。

弟2表の記載

以下の記載例は、次のような寄付を行った場合の例で説明致します。
①□□県ふるさと納税 100,000円
②□□市ふるさと納税 165,000円

手順1:ふるさと納税の領収書を集計して第二表⑯の寄附金の欄へ記載する。

手順2:⑯寄附金欄と同じ数字を第二表の住民税・事業税に関する事項へ記載する。
*この欄は記載漏れ注意です。

弟1表の記載

手順3:寄附金控除額を計算する。

この例では合計所得金額⑨が5,000,000円の前提で計算します。
A:265,000円
B:5,000,000円×0.4=2,000,000円
C:B×0.4=2,000,000円
D:265,000円
E:D-2,000円=263,000円
∴寄付金控除額は263,000円となります。

手順4:第一表の⑯欄へ寄附金控除額を記載します。

なお、紙ベースで確定申告書を提出する場合には、ふるさと納税の領収書を添付する必要がありますのでご注意ください。

 

Q-TAX京都宇治店 黒瀬税理士事務所では、京都・宇治市の確定申告者を中心に無料相談会(要予約)を行っています。お気軽にお問合せください。

メール相談はこちら(24時間受付)
確定申告京都.com
取扱業務
  • 税務顧問サービス
  • 起業・独立開業支援
  • 経営計画支援
  • 会計ソフト導入支援
  • 融資対策
  • 税理士変更
  • リスクマネジメント
  • 給与計算代行
  • 年末調整・法定調書
  • 相続税・贈与税・譲渡所得
  • 各種許認可申請サービス
Q-TAX CM

税理士の全国チェーンQ-TAX TVCM