クラウド会計「自動アップデート」は便利!

著者:黒瀬税理士事務所
投稿日:2016年09月25日

scan_q

会計ソフトを利用していると頻繁にアップデートがあり、バージョンアップも年に一度ぐらいのペースで行われます。日々、使っていますとこれが意外と面倒くさくコストも掛かります。ソフトメーカーによっては保守サポート契約等を入っていれば無償でバージョンアップされることもありますが、基本的にはユーザーがバージョンアップの手続きを行わなければなりません。また、これらの契約をされていない場合、有償でバージョンアップしなければならず、ユーザーが購入手続きを行わなければなりません。

「忙しくて先延ばしになる」「購入手続きがわからない」といった感じで旧バージョンのまま使ってしまっているユーザーを多く見掛けます。

バージョンアップしていない場合のリスク

旧バージョンのままで利用していると様々なリスクが生じます!

① 消費税の税率が最新のものになっていない
② 税制改正があったのにも関わらず、最新の税法が反映されていない
③ 古いバージョンを利用し続け、最新バージョンにデータを移行できない

①、②に関しましては、最近の会計ソフトは「所得税の確定申告書」「消費税の確定申告書」が作成・計算する事ができる製品がほとんどで、旧バージョンを利用していると税制改正の項目が反映されておらず、申告を間違って作成することになります。最悪の場合、税務調査があり指摘を受けて追徴課税という事態になります。

③に関しましては、現在までデータ処理していたものが使用できなくなり「データを一から入力・訂正しなければならない」「過去のデータとの比較ができなくなる」といった事態になることもあります。旧バージョンデータをソフトメーカーや関与税理士でバージョンを対応してくれる場合がありますが、ご自身でされる場合には大変な作業になることがあります。

会計ソフトを常に最新バージョンにしていれば問題なく使えますが、バージョンアップの面倒な作業は苦手という方には、「クラウド会計」がおすすめです。

クラウド会計は常に最新のバージョンで利用でき、ユーザー側で面倒なバージョンアップ製品の購入や手続きがありません。また、パッケージ型の会計ソフトと異なり無料で更新されます。

2016y09m24d_115500816

税理士がすすめるクラウド会計

2016y09m24d_120537572
▶クラウド会計freee

2016y09m24d_120821520
▶クラウド会計ソフトCrew
2016y09m24d_120116308
▶MFクラウド会計

 

これを機会に「クラウド会計」を利用されてみてはいかがでしょうか。Q-TAX京都宇治店 黒瀬税理士事務所では、京都・宇治市を中心にクラウド会計の導入を推進しています。クラウド会計に関するご相談はお気軽にお問合せください。

平成28年10月19日(水)、20日(木)は中信ビジネスフェアで「クラウド会計Crew」のデモ機を展示していますので、クラウド会計を体験して頂くことができます。当事務所のインストラクターが親切・丁寧にご案内させて頂きますので、お気軽にお越しください。ご来場お待ちしています。

▶中信ビジネスフェアの詳細はこちら

カテゴリ:Crew, freee, MFクラウド

タグ:

メール相談はこちら(24時間受付)
確定申告京都.com
取扱業務
  • 税務顧問サービス
  • 起業・独立開業支援
  • 経営計画支援
  • 会計ソフト導入支援
  • 融資対策
  • 税理士変更
  • リスクマネジメント
  • 給与計算代行
  • 年末調整・法定調書
  • 相続税・贈与税・譲渡所得
  • 各種許認可申請サービス
Q-TAX CM

税理士の全国チェーンQ-TAX TVCM