平成25年1月1日以降の給与から控除する所得税が変わります。(復興特別所得税)

著者:黒瀬税理士事務所
投稿日:2012年12月13日

平成25年分の所得税から適用される復興特別所得税が創設されました。

平成23年12月2日に東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法(平成23年法律第117号)が公布され、「復興特別所得税」及び「復興特別法人税」が創設されました。
個人の方に係る復興特別所得税の概要は以下のとおりです。

【納税義務者】
個人の方で所得税を納める義務のある方は、復興特別所得税も併せて納める義務があります。
【課税対象】
個人の方については、平成25年から平成49年まで各年分の基準所得税額が、復興特別所得税の課税対象となります。
【課税標準】
復興特別所得税の課税標準は、その年分の基準所得税額です。
【復興特別所得税額の計算】
復興特別所得税額は次の算式で求めることになります。
復興特別所得税額 = 基準所得税額 × 2.1%

平成25年1月1日以降に給与計算の時に控除して頂きます所得税額が変わりますので注意して下さい。(復興特別所得税を併せて徴収するため)

平成25年分給与所得源泉徴収税額表はこちら↓

国税庁HP 平成25年分源泉徴収税額表

報酬料金等もこの様になります。
【参考例】
税理士報酬100,000円 消費税5,000円 報酬料金税込合計105,000円の場合。

(従来)100,000円×10%=10,000円 10,000円を源泉徴収して税務署へ納めます。

(平成25年~平成49年まで)
100,000円×10.21%=10,210円 10,210円を源泉徴収して税務署へ納めます。

 

復興特別所得税 利子・配当等の源泉徴収の記事はこちら

メール相談はこちら(24時間受付)
確定申告京都.com
取扱業務
  • 税務顧問サービス
  • 起業・独立開業支援
  • 経営計画支援
  • 会計ソフト導入支援
  • 融資対策
  • 税理士変更
  • リスクマネジメント
  • 給与計算代行
  • 年末調整・法定調書
  • 相続税・贈与税・譲渡所得
  • 各種許認可申請サービス
Q-TAX CM

税理士の全国チェーンQ-TAX TVCM